社長メッセージ集(Discover 加茂さん)

[2009.10.06]

生産性UP↑


電器堂には、自分と同じ種類の仕事をしている社員が組織の中に大勢います。もっとも多いものとして、営業社員がかなりの時間を費やして見積書の作成という仕事をしています。お得意先から依頼を受けるとカタログ等を調べ、メーカーや得意先の担当者に確認しながら作成しています。社員は、その都度新しい見積書を作成しています。ところが隣の社員が数日前に同じ商品の見積書を作成しているケースがあります。しかし、その事実を社員は知りません。仮に一度作成した見積書をデータベース化して誰でも過去に作成した見積書を閲覧できるとしたらどうでしょうか。1時間かかる見積書の作成が5〜10分でできることもあるでしょう。その時間を得意先開拓・顧客の創造にあてたら相当の時間を作ることができるはずです。見積書のデータベース化は生産性向上の宝箱になると思います。次に横への展開の仕方です。ある営業所で成果を上げる優れたやり方ができたらすぐに他の営業所へ教えてあげるのです。新しい売り方・新しい得意先開発の成果がでたらすぐに他の営業所に伝え、共有化して下さい。アイディアを自分だけ自営業所だけのものにせず、教え合うものにして、共有財産にするのです。
次に、他の社員から引き継いだ仕事で目的不明のものがあったら「なぜそれをしなければいけないのか。」一度質問してください。仕事にはすべて目的がなくてはなりません。この目的を再確認するだけでも必要性のない仕事を省くことができます。上司の事前確認は欠かせませんが、「止める」ことを会得することも大事です。
生産性を高めることを、今期の自分の目標にして下さい。仕事に創意工夫・改善ができてくれば必ず仕事力は高まります。その際、大事なことは、次から次へとチャレンジしていくことです。チャレンジすれば失敗も多くなります。失敗の数も多くなる一方で成功の数も多くなります。安心してください。チャレンジするかどうかが、あなたの成長を決めるのです。そして確実に生産性があがります。そして問題を解決する度に、人は強くなるのです。
最後に、成果を上げる方法を他の社員に教えられる社員に満ち溢れたDenki doにしましょう。

PAGE TOP