社長メッセージ集(Discover 加茂さん)

[2009.11.10]

家はその土地の大工に建てさせよ


 この諺の意味は、それぞれの土地の湿度・気温・風向き・日照時間あるいは自然現象さらには歴史伝統なども熟知したその土地の大工さんでないとその地域に適切な家を建てることができないということです。太陽光設置・オール電化・省エネ家電・LED照明・CO2削減の方法もその土地の電器店にまかせることがとても大切です。例えば静岡県下で浜松で設置するケースを考えてみれば、ハウジングメーカー・製品メーカー・大型量販店が調査したり、研究したりして数値化し、それに基づいて図面を引いたところで静岡や浜松の人の人情や人間関係まで数値化することは不可能です。いわゆるその地域地域の深層の事情・環境まで理解していないのに自分の考える基準・青写真に基づいてやっては顧客を満足させることはできません。そうですいよいよ地域の店の出番です。とりわけ長期に渡るメインテナンスを考えれば大工さん・電気工事店・家電店・配管水道屋さんetc.部品の在庫・物流・CO2削減を実現できるそれぞれの地元でプロを束ねることができるプロジェクトリーダーの地元の会社が必要なのです。自己責任を引き受ける勇気もなく、自分たちの地域は自分たちでやるという信念もない会社にまかせてはいけません。地域のお客様の身も心も豊かにできるのは地元の問屋・家電店・工事店・工務店です。SOLAEパートナーズ必ず地域の店を存在感のある自信をもった豊かな店にしてみせます。
 地域店にとって現状維持は最悪の選択です。地域店は松下幸之助氏が言う「謙虚な誇り」を持って頑張って下さい。小さな歯車・小さな石が時計もお城の石垣も支えているのです。自分達が地域住民を新しい電気生活のかたちを見せて幸せにするんだという気概・気迫をもつことが「謙虚な誇り」なのです。鞄d器堂 SOLAEはいつでもサポートします。いよいよ地域の時代、地元のメリットが充分に発揮できる時代になってきましたよ。いまこそ行動を起こそうではありませんか。自信と誇りをもって安心・安全・幸せに満ちた魅力ある住まいづくりはその地域地域の人達がつくるのです。
                         Near is better.     

PAGE TOP