社長メッセージ集(Discover 加茂さん)

[2010.06.09]

自助努力


 “国にもうお金がない”金がないことにはどうしようもないという話を前述しました。今は景気を早急に回復させ税収を増やし、国債発行額を減らさなければ日本はもちません。その為には、応急処置として円安政策をとることが大切なのです。円安によって緩やかな資産インフレが起きれば、かなりの時間稼ぎができます。時間を稼いでいる間に安定政権をつくり、日本を「真の資本主義国家」に作り替えることが日本の成長戦略と考えます。今の日本の戦略は何なのかまったくわかりません。日本の株価が今低迷しているのは「財政危機問題」と戦略がないことによってです。戦略のない国の株を買うのは「経営戦略のない会社の株」を買う様なものですから日本株が低迷するのもあたりまえです。菅政権は鳩山さんと一緒で「市場機能」を忌み嫌い、排除していこうとしているのですか。それはまずいです。「経済原則が働く環境」にしていかなければ、つまり 市場主義国家にしなくては計画経済国家をめざしてはまずいです。日本人は決して社会主義国家を求めているとは私は思えません。真の資本主義国家をめざしているのです。資本主義とは「効率的な市場があってこそ達成できる」仕組みですから、日本は早急に「効率的な」市場を整備すべきです。なぜなら今日の低成長と財政破綻の危機を招いたのは何度も申し上げる様に、経済原則が働かない政策をとったからです。政府はもうバラマキ政策はとらない。国民は政府にないものねだりをしない。自助努力で頑張るのです。国に何かをしてもらいたくても、歳出過剰なこの国にはもうお金はありません。してもらうことばかり考えた過剰な格差論をするマスコミや人気取りの分配政策は日本人を不幸にするだけです。
最後に一言、亀井郵政金融大臣さんよ 返済猶予法案なんて政府が旗を振ってやるものではないですよ。「貸したお金は返すもの」この倫理まで崩してしまった今の日本。「金を借りたら返す」、「家を借りたら家賃を払う」これは資本主義の大原則であり倫理です。それを否定する様な政治やマスコミの態度には怒りさえ起こります。
あ〜〜、ストレスは心臓に悪い

PAGE TOP