社長メッセージ集(Discover 加茂さん)

[2011.02.02]

行動して結果を出していく人になろう


 サッカー日本代表がアジアカップで優勝しました。よかったですね。私はTV観戦を夜中にしていましたが、感動し、得点シーン・終了シーンでは思わず拍手をしていました。試合後のインタビューでザック監督は、チームワーク・総合力・組織力の勝利とおっしゃっていました。
 どんな企業に於いても成果や業績を上げ続けていく為には、組織全体のやる気を高め活性化させるリーダーが必要になってくると同時に、組織を形成する人づくりが重要になってきます。では、どんな人づくりが必要かと言えば、
@「前向きな心」と「向上心」がある人
実務能力も大事ですが、最も重要なものは「前向きな態度」です。どんなに頭がよくても、才能があっても、心がまえや態度が後ろ向きだとチーム全体の士気に悪い影響がでます。前向きな心がまえがあれば、失敗を「経験」ととらえて成長していくことができるし、向上心を忘れずにいられます。
A「リスク」をもって挑戦している人
石橋を叩いて渡るのが世間ではよいとされていますが、失敗を恐れていては成功をつかめません。リスク管理は大事ですが、それが独創的な発想や行動を妨げてはいけません。
B独創的なアイディアを出す人
創造性は、問題解決の強力な武器です。組織にとって重要な資産は土地でも設備でもなく、「チームメンバー」の創造性です。
C変革に向けて具体的行動をとる人
分析に溺れず「行動する」ことが大事です。組織が硬直化したとき、変革の声を上げて行動する人間がチームに居るかどうかで企業の存続は決まってしまいます。会議を重ねたり、過去を反省するばかりでは何も変わりません。決断し、行動する人でなければなりません。行動を起こすから新しい結果が生まれるのです。
D結果を意識して働く人
こういう人は、時間あたりの結果をいつもチェックしています。「どれだけ時間を費やしたか」ではなくて、「時間をどのように使ったか」がポイントです。
E個人プレーは「チームワーク」を超えられないということを理解している人
ほとんどの人は人とともに働き、人の力をかりて成果をあげているのです。従って、自分のスキルや才能に目を向けるだけでなく、自分の成功を育むような人とのつながり、チームワークを築いていける人にならなくてはいけません。
F最後になりましたが、「他人のために」という基本理念を持っている人
「利他の心」が結局は人の心を動かし、自分自身を助けることになるのです。
 以上7つのことを揚げましたが、究極の成長には自分自身の人間性を高めていく努力が必要です。向上の努力を怠らない人間になりましょう。チームの為にも社会の為にも!!自分の為にも!!

PAGE TOP