社長メッセージ集(Discover 加茂さん)

[2016.12.16]

浜松市(私達のまち)は将来 本当に大丈夫?


 私は、みんな(市民)が今の行政に何も反発せず仕方ないと言いながら、
この街が衰退していくのを見ているのは悔しいです。
やらまいか精神でYAMAHA・HONDA・MATSUBISHIを生み輝いたこの街が、
1990年のバブル崩壊を境いに2000年以降老いる家崩れる街の象徴の街の一つに入れられるのは
潜在能力のある浜松人の一人としてなんとかしなければという気持ちでいっぱいです。
「やらなくてはいけないことをやる」という改革を断行すれば、
蘇ることは浜松の潜在能力からいってイージーなことだと思います。
自然・気候・文化・食・技術・商人魂…なにをとっても潜在的に他の街に負けるものはありません。
潜在能力を発揮させることが出来なかったのは舵取りを誤ったからです。
市街地の中心部にある松菱の跡地、失われてもう10年も経過しています。
今の姿が当たり前の様になっています。
市街地は空き地ができ、駐車場ばかりです。
駅から5キロ以内の駐車場が占める土地の割合を全国ランキングで発表してもらいたいです。
松菱の跡地は衰退していく街の代表の様にとらえられています。
又、駅前の最も立地の良い土地に大きなバスターミナルがあります。こんなものは地下にすればいいだけです。
閉鎖学校の再利用の問題やその他「やるべきことをやっていない」結果が今、現れているのです。
この現状に私は我慢ができません。
ゆるキャラ・大河ドラマ・浜松ぎょうざ、そんなことで根本的な問題が解決できるとは思えません。
一つのパーツにすぎません。
浜松の潜在能力が活かされていません。
本当にこの程度の実績で浜松市民は満足しているのでしょうか?

 私は浜松市に生まれもう71年経ちました。
浜松市はこの程度の都市ではない。潜在能力が発揮できない事は残念です。
松下幸之助氏のお言葉をお借りすれば「衆知を集めてやるのです。」必ずできます。
発展を阻害している原因、リカバリーする為の政策は次に記します。

PAGE TOP